本田翼画像診断!天然・妖艶の2面性は嘘⁉SNSで暴露した本音とは

エンタメ
画像引用:https://www.instagram.com/tsubasa_0627official/

 

今回は、

「本田翼画像診断!天然・妖艶の2面性は嘘⁉SNSで暴露した本音とは」と題して、

本田翼さんの2面性とも見れるキャラのギャップと、女優業についてSNSで語った翼さんの本音トークを、たっぷりの画像と合わせてお届けしようと思います。

 

キュートでかわいい、それでいてどこか妖艶、不思議チャン的な天然キャラと魅力たっぷりの翼さん。

 

2006年に雑誌セブンティーン(Seventeen/集英社)のモデルとしてデビューするや否や、一気に注目度が高まり、CM、テレビドラマ出演、映画出演と次々に活躍の場を広げていきました。

 

デビューから国民的人気スターまでの加速度は、まさしく電光石火の勢いで、本名でもある「翼」が生えているかのようですよね。

 

そんな翼さんって「本当はどんな女性なんだろう?」「彼女のキャラは全部演技なの?」素顔の翼さんを知りたい方は多いのでは?

 

翼さんのデビューから現在までの画像をもとに、芸能人として、一女性としての魅力に迫ってみたいと思います。

 

本田翼の歴代画像からわかる診断結果とは?

画像診断という”どえらい見出し”ですが、基準はあくまで当サイトオリジナル(独自)の基準ですので予めご了承くださいね。

 

本田翼さんの、画像(動画)を引用して掲載していますが、引用元の表示は記事作成の必須条件という考えからです。本記事は掲載引用元の意図を反映した記事ではございません。

本田翼は妹?お姉さん?

翼さんが初めて世間にお披露目した画像は、デビュー間もないころのセブンティーン(集英社/1968年~)の中。翼さんがデビューしたのは、2006年なのでこの時はまだ中学生だったんですよね。

 

記事内参考画像

 

もちろん、中学生とはいえモデルさんとしての撮影ですから、プロのメイキャップが施されていることはご想像の通りでしょう。(素顔っぽいけどなぁ)

 

セブンティーンは、少女向け週刊誌マーガレット(集英社/1963年~)のお姉さん雑誌として1968年に創刊されていますが、翼さんがデビューしたこのころには女子中高生にターゲットを絞ったファッション雑誌として認知されていました。

 

マーガレットのターゲットである、小学生の女の子たちがあこがれる「お姉さん」を見事に演出していますよね。

 

セブンティーン読者の中には、「かわいい妹」としての翼さんを見ていた方も多かったと考えると、雑誌(企業)戦略としては、見事に大成功というところでしょうか。

 

小学生が憧れる中学生、中学生が憧れる高校生までを一つのくくり(ターゲット)として設定できていますよね。

 

この時代の翼さんの活動は、セブンティーンのモデルがメインということもあり、読者層(女子中高生)ど真ん中の「かわいい少女」というスタンスが確立されることになります。

本田翼が女性として確立されたのはnon-no時代⁉

人気ファッションモデルとして、女子中高生の憧れる「かわいい少女」として認知された翼さん。彼女の人気が低迷することはもはやあり得ない!と決定づけたのが、人気ファッション雑誌non-no(集英社/1971年~)への転身です。

(セブンティーとnon-noの間、ラブベリー(徳間書店)転籍の時期有り)

 

non-noもジャンル的にはファッション雑誌で、発売しているのもセブンティーンと同じ集英社です。異なる点は、読者のターゲット層というところ。

 

non-noは、セブンティーン読者の中高生より、少し年齢層の高い女性たちをターゲットにしているといってもよいのではないでしょうか。

 

ここでまた、雑誌戦略のこと書くのは少しいやらしいのですが、セブンティーンの読者を引き続きnon-noの読者へと導いていくためには、読者と一緒に成長していく翼さんがいなければなりませんよね。

 

この時代に読者モデル(読モ)という言葉があったのか?あったとしても世間的に広く認知されていたかどうか定かではありません。

 

読者モデルという意味で考えると、翼さんは「特別な存在」ではなく「私たちと同じ」という存在なわけですよね。

 

真似できない「特別な存在」ではなく、中高生たちが真似できる「普通の女子」本田翼が求められるわけです。

 

あくまで一企業の戦略という目線で見た場合ですが、雑誌の中の翼さんを見ると、「かわいい少女」から「ちょっぴり大人の女性」に見事に転身しています。

 

記事内参考

 

「憧れる女性」は、言い換えれば「目標とする女性」ですので、ファッション雑誌の中の翼さんはまさしく読者たちのファッションリーダーとなるわけです。とはいえ、読者と全くかけ離れた存在であっては、ただの”理想”になってしまいますからね。

本田翼の2面性は単なるキャラ作りなのか

セブンティーンからnon-noへ転身した翼さん。テレビCM、テレビドラマ、映画出演など、活躍の場をどんどん広げていきます。

 

雑誌の中とは異なり、しゃべり方や身振りなどの表情を見る機会が増えることで、今まで描いていたイメージとギャップを感じた方も多いのではないでしょうか?

 

「天然キャラ」「不思議キャラ」という、かわいい少女らしさを残しつつも、「妖艶」「色気」がにじみ出ているように思えてなりません。

 

このギャップを、翼さんのキャラ作りととらえる方もいたのでは…。悪く考えると、いいとこ取りのキャラ作りと取れなくもありません。(悪意はありません)

 

幅広い年齢層から好かれたい!という欲張りな感情が交差してしまった結果、2面性キャラが生まれてしまった?こんなふうに書くと、翼さんのファンから大バッシングを受けるかもしれません。

 

あくまで、当時の風評を思い出して書いてしまっていることです。悪気があったらわざわざ記事にしたいなんて思いませんから。(2面性が悪いわけじゃないですし)

 

例えば、初めて主演したドラマ「恋愛ニート~忘れた恋のはじめかた」(TBS系)では、仲間由紀恵さん演じる”木下凛(32歳)”の妹”木下結衣(17歳)”役を演じています。

 

記事内参考画像

 

役中では17歳の高校生を演じる翼さん。この時の実年齢は20歳です。画像を見た率直な感想はどうでしょう?「高校生にしては大人っぽいなぁ」そんな印象ですよね。

 

ですが、実年齢が20歳ということは、世間でいう「大人」としては一年生ですからね。一人前の大人として扱われる機会は、まだまだ少ないんじゃないかな。

 

若干20歳の翼さんが17歳の高校生を演じているこの姿、「無理があるんじゃない?」というと失礼極まりないかもしれません。が、実年齢の20歳とは思えない女性としての色気があるように思えてならないんですよね。

 

また、同年11月に公開の、初主演映画「FASHION STORY -Model-」では、ご自身と同じモデル役(新人モデル雛子)を演じています。

 

記事内参考画像

 

この時の翼さんの実年齢も、若干20歳という若さですが、やはり色気さえ感じる「大人の女性」という印象が先に立ってしまいませんか?

本田翼はベテラン女優の風格すら感じる

過去の画像をすべて順に紹介すると、つまらないグダグダ記事になってしまいますので、現在の姿を見てみましょう。

 

先ほどからやたらと、「大人の女性」としての翼さんを強調してきましたが、主演ドラマ「チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~」(日本テレビ系)での姿は、大女優の風格すら感じてしまいます。

 

記事内参考画像

 

現在翼さんは27歳という「大人の女性」です。上の画像から少女っぽさを感じないのは当然といえば当然ですよね。

 

デビュー当時の翼さんには「何か教えてあげたい」という上から目線ともいうべき感情がありましたが、現在の翼さんには「教わることしかない!」そんな風格すら感じませんか?

 

同番組内で翼さんが演じた役は、実は2役です。先ほどの、星野紗希(役名)とは、ある意味対照的なモモ(役名)の一人二役を見事に演じ切っています。

 

記事内参考画像

 

対照的なキャラ(二面性?)ということをここで強調してしまうと、この記事が悪意の塊となってしまいますのでこれ以上は触れません^^;

本田翼が動画で発言した女優魂

ファッション雑誌の人気モデルとして輝かしいデビューを飾ってから、今年(2020年)で14年を迎えた翼さん。人生の半分を早くも芸能活動(雑誌モデル~)の場で過ごしていることになりますよね。

 

雑誌のモデル、テレビ業界、映画業界、どれをとっても競争率の激しい世界で、現在もなお輝き続けるまでには並大抵の努力ではなかったと思います。

 

そんな翼さんが動画投稿型SNS(YouTube)の中で、演じることの難しさと、役をこなすための秘訣、努力を赤裸々に語っています。

 

大女優と呼ばれる方たちが、よく「どうして汗をかかないんですか?」と質問されることがありますよね。

 

この動画の中でも、翼さんに対して同じ質問が投げかけられていますが、物おじせずにさらっと答える翼さんを見て尊敬の念すら感じてしまいました。

 

本田翼、直撃インタビューできるなら「叶姉妹さん」 「天気の子」声優オーディション秘話も明かす 「LINEモバイル」新CM

 

本田翼画像診断!天然・妖艶の2面性は嘘⁉SNSで暴露した本音とは:まとめ

今回は、人気女優の本田翼さんについて、取り上げさせていただきました。

 

セブンティーンのデビューから現在活躍中の姿まで、画像と合わせて紹介させていただいたわけですが、「かわいい少女」から「大人の女性」へ転身していく姿をうまく描けていたでしょうか?

 

動画の中でおっしゃっていますが、『気合ですね』『自分を追い詰めていく』という発言からは、女優魂を感じずにはいられません。

 

繰り返しになりますが、今回の記事作成には、特別な意図があるわけではありません。

 

本田翼さんの一ファンとして、応援したい気持ちで今回の記事を作成しています。

 

天真爛漫で魅力的な翼さんをこれからも応援していく所存です。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

【おすすめ記事】
↓↓↓↓↓↓

木下優樹菜,離婚後の近況は⁉モニタリング復帰はベッキー説が有力か?

今日のランキング

エンタメ
dangan☆topic

コメント